FC2ブログ
 
■プロフィール

座骨は神経痛的な修

Author:座骨は神経痛的な修
当たりの数だけ獲る努力!


にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

■最新記事
■リンク
■最新コメント
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■RSSリンクの表示
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
H28丹生谷磯釣り大会 in 大島
仕事初めからやっと一週間

正月休みボケも何となく抜けてきた

朝晩は流石に寒いが

日中は暖かい日が続いている

大島も18~19度台らしい

何だかんだで暖冬なのだろうか?

毎年恒例の丹生谷地区磯釣り大会に参加


23cm以上 グレ優先方式 

対象魚:グレ・イサキ・マダイ・アイ・イシダイ

二名での団体戦有


団体戦ペアで参加の

福井名人に乗っけてもらい一路【大島】へ

ここ最近ニギリ無しの福井名人とのコンビだけに

ワタシの頑張りいかんで団体戦入賞もあるかも?(笑


5時30分受付

全体50人位

船番と降り順のクジを引き

3-2^^^^^^^^^

ワタシにしては上出来


開会式の後出船

船内顔見知りの方がチラホラ

12名中6名が知り合いである

血走った焼酎焼けの眼光

谷口先生もおるがな(笑


一番クジの方が磯割クジを引いて12番

ワタシ上がった事が無い未知の領域(@@

ケツクジを引いた谷口先生が

血走った眼で1番に降りなさい!!と言う

了解!!と準備をしていると

「13番周りのトビツも降りて良いYo~

昨日12尾程釣ってたYo~」と船頭

ハイハ~イ^^ 瞬殺の心変わりである

ここから今日の運命の歯車が狂うのであった・・・

最初にトビツに付けてくれるのだが

船が重く、上手く磯付け出来ない

1番2番と磯付けして船を軽くしたいと言う

1番に二人 2番に二人 

その流れで沖のハエ付近の磯群に降ろして行く

一番最初に降りるつもりで

船首にいたので必然的に、舵子となるワシ

荷物を取り次ぎながら

じゃ!がんばりよ~!!^^ と笑顔で送り出すワシ

ほぼ全員を降ろし船が軽くなった所で

トビツを振り向くと別船が付けとるがな・・(爆


まてwワシは舵子しにきたんかいww


船内を振り向くと

ケツクジの谷口先生が微笑んでいる

2番クジ引いてケツクジの先生と大島巡りをするとは思わなんだ^^^^


表磯7番廻りの【バッタリ】と【ダルマ】が空いている

大潮の満潮でバッタリは足元を洗われてる感じ

ダルマに先生と降りる

ワタシ右側

先生左側から実釣開始


2016-1-10-i2.jpg


2016-1-10-i.jpg



緩い当潮である

底が透けて見える・・、

磯際に生命反応なく

沖向きの溝みたいな所を攻めるも刺し餌が残る

深く探ってベラ~~~

開始30分で見えてきた~~~


暇なんで飲んで食っていると

9時の時点で昼飯とビール2本空けて

本日の食糧を消費してしまった(ーー


10時の磯代わりで先生を見送る

見送りながら惰力で振り込んだ竿に当たる

30cm程のグレである

マジかと思いながら振り込むと連発となる

世に言う

【船のエンジン音】地合である(笑

この2尾で地合は遠のき沈黙である

満潮でのシブキを辛抱して

【バッタリ】に上がった方は朝から

入れ食いモードである

少しのシブキを辛抱して

上がってたらな今更ながらに思う

ま、今大会関係者では無いのが救いか・・、

それにしても

上ったり、下ったり、当たったりと

フラフラの潮である

スルスルのベタ底で狙っていた

1時過に本日最の30cm超が当たる

まさに事故みたいな当たり

連発は無いだろうなと思った通りで

1時30分納竿

好調【櫂投】廻りでの釣果が多く見られた

県釣連盟方式の順位拾いなら

3尾でも、まずまずっぽかったが

全体釣果順位なんで微妙な釣果である


福井名人も2番にて

良い型のイサキを数釣っていたが

グレの顔は見れなかったらしい

これがグレ優先方式の辛い所//



計量グレ3尾 

グレ計量20人で10位



2016-1-10-s.jpg

商品 石油ストーブ頂きました(笑




にほんブログ村






































スポンサーサイト


釣り綴り | 19:33:44 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。