■プロフィール

座骨は神経痛的な修

Author:座骨は神経痛的な修
当たりの数だけ獲る努力!


にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

■最新記事
■リンク
■最新コメント
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■RSSリンクの表示
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
H29納竿釣行 in 大島
本年も残すところ数日となった

辰ちゃん名人に誘われて竿納めに

名人、ワタシと他3名で

牟岐大島に竿納め行く

場所によっては爆釣区域もあるようで

道中話も弾む

いつもの海漁丸で6時30出船

船内12名でクジを引いて8番・・、

名人9番・・、

どこの船も満員の様相である

一番クジの方が磯クジを引いて

1番区域・・・・

終わったあああ\(^o^)/

と思った瞬間であったが

前日好調の【ノコ】に二人降ろして

船は一路佐本方面の12番区域に向かう

2番クジの方を【1番】に付け

次に【トビツ】に付ける

【2番】に誰か一人行ってと船頭が言う

優先権のある方が足場が悪いからと断る

代わってワタシが降りることにする

【2番】はかなり昔に一度渡った事があったが

降りてから何か雰囲気が違うような気がする??

2番は2番でもここって・・・

通称【Oちゃんぽ】とかいう口にするには

あまりにも恥ずかしい磯じゃねww

なるほど的に割れ目があるがなwww


2017-12-29-o2.jpg


2017-12-29-o.jpg


足場悪く釣り座をどうしようかしばし考える

風はあるが背中から受ける感じで気にならない

取りあえず三ヒロ固定でやってみる

一投目からウキが入り30程のグレである^^^^

続けてイサキがポツポツと当たる

スパッと入ったウキに合わすと

ウキから飛ぶ・・、

朝の時合に最初から仕掛けの作り直しである

仕掛け作りにモタモタしてる内に

生命反応が消える@@

残り続ける挿餌

いつものパターンなってしまった感がある

いつの間にやら風も止み

暖かい 

暖かいというより熱い

潮も止まり沼のようになる・・、

スルスルでべた底を這わす感じでやって

30ちょいのグレ^^^^

同じように攻めるも

バリ3尾に遊ばれて腕パンパン

2時納竿


2017-12-29-t.jpg


ここ最近グレの顔を見ていなかっただけに

爆釣とはならなかったが良かった

来年も海に感謝をし

頑張りたいところである

























スポンサーサイト
釣り綴り | 10:48:24 | トラックバック(0) | コメント(0)
H29年12月23日(土) 釣行記 in 大島
今週末は釣りに行く予定はしていなかったが

昼飯に自宅に向かってる途中で

輝さん(通称ニギリの輝)に会う

柚子の話から釣りの話となり

んじゃ!明日行くかえ?

の流れとなってしまったw

確変好調の孫パワーも

ここ最近パワーを失ってきてるようなので

「じ~~ちゃんを頼むじぇ~~」

と言いながら風呂に入れる

2017-12mago.jpg


6時30分出船

船内12名

船クジを引いて5番 

輝さん2番!!

磯クジを引いて14番【櫂投島】廻りである

前日には良く釣れていたらしく期待が持てる

一番クジの方が【中のハエ】と思ったが

【中のハエの地】に降りる

輝さんに引っ付いて二人なら

【中のハエ】か【高橋】がいいかなと思ったが

輝さん 足の調子が今一らしい

時々座って足を延ばせる所が良いという

【クジラ】と迷って【タニハンの地】に渡る

快晴である風も無い

絶好の釣り日和である

数時間後・・・・

絶好の釣り日和から

絶好の昼寝日和にかわるのであったwww


2017-12-24-b2.jpg


2017-12-23-b.jpg



朝の内にベラ二匹釣っただけという・・、

二人して

パーフェクトボーズ^^^^^


前日より水温が下がったらしく厳しい釣りとなった

それでも【高橋】では二人で4尾釣ったらしく

腕の差やの~~と実感したのであったーー。


29日に釣納めの予定

良い納めになればいいがの~^^













釣り綴り | 15:46:52 | トラックバック(0) | コメント(0)
H29年丹生谷地区磯釣り大会 in 大島
毎年恒例の

丹生谷地区磯釣り大会に参加する

参加要領 : 丹生谷地区で在住・勤務している方限定

場所 : 牟岐大島

計量 : グレ優先方式23cm以上の総重量


クラブの会長に乗っけてもらい

谷口先生を拾って3人で大島に向かう

途中、雪がチラチラ舞っている

北西の風強し!の予報である

寒い一日になると予想

釣果も寒くならなければ良いのだが

釣果も一発ギャグもひたすら寒い会長と一緒の道中

既に本日の結果が見えた感が漂うがなww

5時~受付をし

開会式の後クジを引く

クジを引く・・・・・んが

今回ワタシ当番地区に勤務のため

世話役の谷名人から舵子を任命されていたのである^^^^

全体65名 

5船×13名で6時30分出船

船内一番の方が磯クジを引いて【9番】

収容人数も多くポツポツ釣果の聞かれる当たり区域である

【オシドリ】から【マナイタの地】と付けて行く

12番の方と舵子のワタシが

行く場無く漂浪となる

ま、漂浪は想定内である

12番の方を【5番牙奥】に付ける

見渡す限り^人^人^人^満員御礼状態である

残されたワタシ船頭さんとしばし雑談

真面目に乗る磯が無いらしい・・

ワタシ乗った事は無いが

無い というより大島に通い続けて

今までに3人しか乗ってる姿を見たことが無い

【旧源六】 (磯名あってるか不明)を希望する
(大会規約で磯取は船頭さんに委ねる決まりだがこれは許容範囲内でしょう^^^^)

船頭さん曰く、一度も付けたことが無いと言うw

ワタシ的には【ヒッツキのオオバエ】がここ最近

釣果がよかった様なので

潮の加減でパラダイスになると目論んでの渡磯でる^^^^


2017-12-19-1.jpg


2017-12-19-2.jpg


北西風きっつい・・

何よりも寒いw

沖向き右側のシモリ付近に撒餌打って

3ヒロ固定で上潮に乗せて流す

一投目からウキが入り28cm程のイサキ@@

連発でイサキ

3匹目をクーラーに入れたところで

風になびいた針が背中に刺さって

ジタバタしている内に魚の気配が消える・・、

残り続ける挿餌

10時過ぎ

無精をして竿を持ったまま

自分の竿を出して用を足そうと悪戦苦闘していると

いつのまにやら持っていかれ

根に張り付かれ切る・・、

残り続ける挿餌タイムが続く・・

惰力で振り込んでいると

ウキが入りイサキ 

すくおうとして

タモを伸ばし、おもわずタモ網で突いてしまい逃がすーー、

そのまま納竿


2017-12-19-j.jpg



2017-12-19-t.jpg


全体的に厳しかったようであるが

盛況でなによりであった

釣り綴り | 21:21:16 | トラックバック(0) | コメント(0)
H29連盟グレ釣り大会 in 大島
毎朝、車のフロントガラスに霜が降り

車の暖気がメンドクサイ季節となってきた

先週の日曜日に牟岐大島

激熱7番区域【源六】にて撃沈を食らい

グレってどやって釣るんだっけ??

的感覚に陥りながら

連盟グレ釣り大会に参加する


大会要領

場所:牟岐大島 ・ 津島

対象魚:グレのみ23cm以上の総重量


いつもの谷口先生を乗っけて

作戦練りながら一路大島へ

現着4時40分

駐車場が遠くなるのを嫌って早く来たきたつもりであったが

既にたくさんの車が来とるがな@@

5時30分受付をしクジを引く

4-9^^^^^^^^^^

開会式を終え出船

152名の参加らしい

船内12名

1番の方が磯割クジを引いて9・10合併区域@@

まさに、ここ最近の超超激アツゾーーンである

数釣り合戦になる

最低10尾は釣らねば残れないと予想する

降り磯は船頭に委ねられるルール

近い所の【オシドリ】から順に付けていくんだろ~か?

近い順ならワタシもしかして・・・

絶好調【烏帽子の地】に行けるんじゃね^^なんて思ってほくそ笑む

甘い甘い妄想であったw

【オシドリ】~【烏帽子地】~【馬の背】~【ジョーギ】と

最近の好漁順に磯付けをしていく

ほぼワタシの予想通りの磯付けでる
(ちなみに乗った船はひろ丸)

8番の方と【ナデ】に降りる

2017-12-3-b.jpg


2017-12-3-b2.jpg


余り得意じゃない場所である

下り潮

8番の方が右側

ワタシ左側

撒き餌係確定の瞬間であるwww

際に撒き餌を打つ

黄色がチラホラ

一ヒロ半位でキツがチラチラ見えるが

食うような動きではない

取りあえずキツ下に入れる感じでやってみる

・・・まったく挿餌に変化無い・・・・

【烏帽子】の方のやり取りを見ていたら

竿先引っ張られイサキが当たる

磯変わりしようかと思っていた

10時前にイサキが当たる

8番の方が磯変わりをすると言うので

ワタシは居座ることにする

下り潮に乗せ地方付近を探って当たる

んがぁ・・右側の沈み根で切れる・・

グレっぽかっただけに無念である

同じ様に流してイサキ

連発はしない

磯際を落とし込んでいって根掛りーー;

納竿近寄った1時過ぎ上潮になる

海面ザワザワ 潮目も出来たりと

今日一の雰囲気が漂う

漂う・・漂う・・・

漂う・・・・3匹のカモメ・・・・

カモメが漂っただけで終わるのであった


同行の谷口先生

得意ではないであろう津島にて

グレ2尾ではあったが

全体10位で見事入賞 アッパレ!!


2017-12-3-t.jpg



次回、丹生谷地区磯釣り大会に参加予定である

何とかグレの顔を見たいところである


釣り綴り | 18:46:22 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。