FC2ブログ
 
■プロフィール

座骨は神経痛的な修

Author:座骨は神経痛的な修
当たりの数だけ獲る努力!


にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

■最新記事
■リンク
■最新コメント
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■RSSリンクの表示
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
2014年 渓流釣り解禁 in 那賀川上流域南川
2014年3月1日(土)

那賀川上流域が渓流釣り解禁となった

前々日の雨でやや水量は増し、アマゴ釣りには好条件となった


何処に行こうかと思ったが、昨年同様

那賀川上流域支流南川線の湯桶谷堰堤上流部を釣り座と決める


会社の同僚の方々も、解禁日を待っておられた方が多く

何処の谷に行くやら、何処の淵に行くやらと話も弾む


毎年同じ場所に入る方も多く

仲間内では、【○○淵の哲】とかその方の名前がついている場所もあったり(笑


釣れても釣れなくても毎年、同じ河川・同じ場所から打ち込みを始めるというのは

その川に対する感謝の様でもあり

今年もまた、この場所に立てたという【生】への感謝の様でもあり

来年もまた来るという【生】への道の様でもあると思った(笑


現着5時30分 

重役出勤の多いワタシだが珍しく早く来てしまった

まだ薄暗い

車の中でウトウトしていると知り合いの方通り

20m程通り過ぎてフルバックして

しばし話込む・・話込む・・・はなしいいいこむうううう

余程ワタシと出会ったのが嬉しいのか、話がなげええええ(爆笑


6時30分 薄明るくなってきた所で川面に立つ

ポツリポツリと当たりがで出る


5尾程釣った所で何となく違和感を感じる

仕掛けをジッと見る さらにジ~~とみる

なるほど。。何か見難いとおもったら目印付けてないやんけ(=0=


合わせが下手なため、何度も素針で帰ってくる

此処より上流部では、まだ積雪が多いらしく

雪解け水の影響か、水温が非常に冷たい

アマゴは良く肥えているがサビが多い感じ


早起きしたせいか腹が減る

10時 車に戻り早めの昼飯

小休止がてら何気に手に取った読みかけ中の短編小説を、1話読破してしまった(笑


別の場所も探ってみたく

下流部大谷川と本流の合流点に移動する


川に近い場所に車を止め、川相を眺めながら支度をしていると

早朝に会った知り合いの方の車が下ってくるのが見えた

超高速回転で支度をし竿を持った所で捕まる・・、

本日の釣果から始まり・・、蜂蜜の採取の仕方まで教わった(爆笑


川面に立つ 

先行者の足跡がある

淵よりも淵尻で当たりが多い

サビのとれた綺麗なアマゴも交じりながら

釣り上って行く

12時30分頃からポツリポツリと雨が落ち始める

雨には滅法弱いんでここで納竿


やはり水温が低いのか

瀬では一尾も釣れなかった


渓流釣り始まったばかり

気温の上昇と共にアマゴも大きく

期待と釣果も大きくなることでしょう




31.jpg

15~23cm 50尾程




*ポチっとね*

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村












スポンサーサイト
釣り綴り | 21:27:55 | トラックバック(0) | コメント(0)
爆風 in 木岐
会社の方から土曜日に好調 牟岐大島 に誘われたが

仕事の都合で断念

翌、日曜日に気合を入れる

んが・・、県南全域 北東の風強く厳しい釣り模様・・、

撮り貯めていたドラマでも見てゆっくり休もうかと思ったのだが

何故か、餌買って来てしまった(笑


何処に行こうかと悩む


風裏で宍喰の那佐へ 船頭に電話するも先客多く断られる・・。

流れで浅川に電話するも先客多く断られる・・。



ここで第六感 強烈に食いそうな場所が浮かぶ^^^^




平成26年2月23日(日)

場所:由岐町木岐


6時出船 全体12人

赤バエ・小赤バエと渡礁希望の方が降りて行く


ワタシは沖のハエ希望で船に残る

んがぁ・・、降りるタイミングを誤り船に取り残される(T汗T


船頭に沖のハエの下手 金輪 を希望するが

ウネリがキツイから厳しいと言われる


中のハエに希望者がいないんで此処に決める

船内では、それ程と思った風も磯に立つと結構な風である

竿にG2のウキをセットして来たが、この風では軽すぎると感じる

感じながらも、仕掛けを作り直すのが面倒なんでそのまま始める


一投目から反応がある 変な走り方で飛んできたのが サヨリ様である

ポツリポツリと言うよりもポンポンとサヨリ様が飛んでくる(-0-


サヨリに不思議と愛着を感じる

ワタシの記憶が確かなら内の嫁の名前が確か 小百合さん だった様な気がする(笑笑


流石に仕掛けが軽いと思い2Bに変更

次第に北の風が強くなる 強くなる 強風というよりも 爆風である(爆爆

バッカンが風で動く(=0=


道糸が飛ばされ仕掛けが浮き上がってくる

3Bに水中ウキ3Bに変更 


爆風の中 食ってくる サヨリ軍団


やる気が・・う・・・せ・・・・た・・・・・


燃え尽きたああ 


港に帰る気満々で、11時見回り船に飛び乗る


船頭「辰巳の胴が風裏でやり良いけど、どーするでー?」


帰る気、満であったが もちょい頑張ってみようと磯に降りる


確かに風裏で釣り易い しかも暖かい


磯も替わり 気合も入り直し 打ち込む


ウキが走り サット合わせ ブッ飛んでくる サヨリさん(=P=




ある疑念が脳裏に浮かび 顔がニヤケル




もしかして~~嵐を呼ぶ男は、クラブの会長だと思っていたが

もしかして~~ワシ・か・・も・・と・思った・・・Orz~(笑笑




WS000000.jpg

居候猫の土産にサヨリ2尾持ち帰り




*釣れぬならポチっとね*


にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村




















釣り綴り | 20:49:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
ドライブ in 牟岐大島
一昨日の大会で釣ったイサキとグレを嫁に、さばいてもらった

自慢じゃないが、ワタシは魚を3枚におろすのが下手である・・、

丁度、皿に刺身が盛りつけられた処に

所属クラブの会長が訪ねてきた(良く鼻が臭うものだ(笑

昨日の大会に仕事で不参加だった会長に

当日の状況やら釣果の良かった磯の事などを、酒を酌み交わしながら笑い交じりに盛りあがった

今年はまだ竿出しに行っていないらしく

釣りの話をしていると、餌を撒きに行きたくて仕方がない様子である

水曜日は仕事が休みらしく、その日は丁度体が空いている日だったため

久しぶりに会長と二人で竿出しに行くことにした


会長との話を横で聞いていた嫁が

「アンタと和やん(会長)が二人揃って出かけたらやばいんじゃないの??」(ゲラゲラゲラ爆笑


・・・・確かに今まで、二人での釣行の思い出は・・・・


爆風だったり・・、突然氷が降ったり・・、バッカン流したり・・、長靴忘れたり・・、ベスト忘れたり・・、

夜釣りメインにってヘッドライト忘れたり・・、あげくには海に落ち込んだり・・、


酒の席での笑い話しか浮かばぬ(=O=


平成26年2月12日(水)

会長の和やんの車に乗っけてもらい一路大島へ

港に着くと強風ではないが風はある感じ

有る程度、風は想定内である

平日なんでワタシ達二人かと思ったが船内8人

大島に近づくにつれ結構なウネリである

瞬間瞬間、尻が浮く(@@

抽選場に着くと9隻 どの船も5人↑は乗ってる感じ


船頭曰く・・「港内位しか釣り場無いかも・・ しかし・・なんでこんなにウネリあるんやろ??」


海のプロも見誤った感じの本日の海の様子である


思わず嫁の顔が浮かぶ(笑笑


磯クジ16番

取り合えず桃付近まで船を走らせてもらうが

き・び・・しい きびし・・すぎる・・・ 状況である(TT

船内の方からも「帰るべ^^^^^^^」の声がちらほら


一路港へ帰郷


船長から「こんなに荒れるとは思わなんだぁぁ すまんのぉぉ」


ワタシの胸の中には

ち・ちがうんだ これは ワタシと会長のペアハンが原因なんだ・・Orz

真面目にそんな事を思ってしまった(笑笑


ダメ元で、甲浦やら宍喰やら浅川の離岸堤やら電話してみたが

どこもここも断られましたよっと(笑


余った餌とバッカンを洗うべく日和佐の恵比寿浜に寄る


201402121123001.jpg


思わず延髄蹴りをしたくなる その後ろ姿が好きです会長^^^^^^




*釣れぬならポチっとね*

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村












釣り綴り | 19:10:28 | トラックバック(0) | コメント(0)
某居酒屋主催釣り大会 in 牟岐大島 to 今年初竿出し
今更だが謹賀新年

本年も事故なく楽しく釣りが出来ればと思う

このブログも釣果位は真面目に書いていこうと思う(思うだけだと予想~0~



近くの居酒屋さん主催の釣り大会に参加する

毎年、恒例の様に参加させてもらっている大会である


*大会要領*

・時:平成26年2月9日(日)

・場所:牟岐大島

・計量:23cm以上 グレ・アイ・イサキは重量×2での総重量 
          他魚は実量での総重量で順位を決定する
 


自身、今年初釣りとなる

昨年度末は、数釣りは出来なかったがニギリは無く

参加させてもらった大会等でも3位やら2位やらと出来すぎた感じであったが・・・

初釣り 初ニギリは避けたいと思うのであった(笑



参加者20名と結構な大会となった

3隻に分かれての出船となり船内クジ8人中2番(^0^

1番の方が磯割クジを引いて3番周り

ここ最近では実績の有る磯周りである

1番の方と沖ソエに上がる 

上がる時に船内水温計を見ると15.5度(この瞬間今日は貰ったと確信


磯上がりして10秒で固まる・・、ウネリが激強・・、シブキが顔面を洗う・・、


こ・これは・・」 生きて帰ってビールを飲めるのだろっか??と、思いながら竿を伸ばす


竿を伸ばした瞬間、船頭が磯付け 「危ないけ~磯替われ~」・・・(思わずワロタ^^^^


この瞬間、今日は終わったと確信する



一路裏周り

15番周りタタミに降りる

風はあるが足場も良く釣りやすい・・んが・・・ここでグレを釣った記憶は無い

イサキ狙いで仕掛けを作りなおす

タナ竿一本で遠投で始める

直ぐにウキが入り なんと30cm程のグレ(^喜^

グレ釣れるやんけ~と気合が入るが後は続かず・・、

船頭の見回り船が見えた処で30cm程のイサキ

イサキが食ったんで磯替わりはやめる

んがぁ・・後続かず・・

10時の見回りで磯替わりしようと思った処で、イサキ(=0=

磯替わりに悩む展開となったが、今大会イサキも対象魚

30cm強のイサキを5~6枚も集めれば優勝だろうと勝手に妄想(~0~

足場も良いしタタミに居座る事にする


201402091420000.jpg



上り潮に乗せて流す 田所付近まで流して当たり 木の葉グレ 23cm丁度

櫂投島を眺めていたら竿先引っ手繰られてイサキ(^^^^

良い感じと思ったもののここから生命反応消える(・・・・、


2時納竿


ー帰港ー

50cm近いグレが飛び出すは、ほぼ全員が計量(¥¥

ピストルでグレ14枚の方が圧勝(ワタスが助手席に乗っけて行ってあげた辰ちゃん名人@@




飛賞にもかからず・・10位ですた。。。


201402091843000.jpg

(イサキ1尾はお隣さんにあげますた





*釣れぬならポチっと押そうね春近し*

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村











釣り綴り | 20:28:52 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。