FC2ブログ
 
■プロフィール

座骨は神経痛的な修

Author:座骨は神経痛的な修
当たりの数だけ獲る努力!


にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

■最新記事
■リンク
■最新コメント
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■RSSリンクの表示
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
支流南川 鮎釣り日記
2012年 7月 7日(土)曇り



那賀川上流域鮎漁解禁となって約一週間

解禁日に竿を出した木頭支流南川線へ行く事とする

朝6時起床で外を見ると、解禁日同様に雨が降っている

ネットで気象庁の天気予報を見ると午後からは晴れの予報

どしよっかな・・・、

と、思いながら・・いつのまにやらYouTube(ユーチューブ)で

アニメ【宇宙兄弟】に見入っていた(笑

4話位見終わった辺りで雨も上がった様子


うっし!川へ行くべ!


此処、南川線友釣り専横区間が15㎞位あるのかな?

道中全然釣り人が見当たらない・・、

結局、最上流部 湯桶堰堤までに釣り人らしい車3台しか遭遇しなかった・・


おとり店の大将が「ん~~ 南川行くんだったら本流の北川付近が良いんじゃないかい?

人多いけどね~」

と言ってたのもうなずける


せっかく来たんだからと最上流部の湯桶トンネル周りで竿を出す事とする

おとり鮎を送り出す 直ぐに目印が走る

1尾・2尾と本命と思ったポイントで掛る

ッフ これは川は貸切状態だし、やばい釣果になるんじゃまいかと思う(爆釣笑


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・、


真面目にまったく当たりが消える・・、


上流行ったり下流いったり

とにかく見渡す限り貸切状態なんで本命と思われるポイントを探って行く

ポツリポッツリと掛るが連発で掛らない(TT

おとり鮎を入れ替え入れ替えしながら探って行くがおとりも弱ってきたのか

根掛りが増える 1尾掛けて2尾根掛りでバラスとか思わず

名作【北の国から】のル~ル~ルルル~♪のフレーズを口ずさむ

渓流アマゴ釣りの様な感じで足で釣る状況(-厳-

さすがに疲れたので午後3時半納竿とする


帰路、監視員の方に釣況を聞かれたので話をしてみると

解禁初期は上流部が良い感じで毎日の様に釣り人が入っていた様子だったらしい

今だったら中流部から下流部付近が良いらしい


思い切って車でポイントを移動したらよかったかな~

と、反省しながらビール飲みたいと思ったのだ


Hh24.7.8釣果

17㎝~22㎝ 15尾



・仕掛け・

竿9.0m 天糸1号 水中糸0.3号 掛け針7号3本いかり



*釣れぬならポチッと押そうねホトトギス*

にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村






















スポンサーサイト
釣り綴り | 21:05:06 | トラックバック(0) | コメント(0)
那賀川上流域 鮎釣り解禁
平成24年7月1日(雨曇りのち晴れのち曇り)


那賀川上流域の河川で鮎漁が解禁となった

6月中旬からの台風の上陸やら梅雨前線による豪雨で

本流筋は微妙な状況・・

解禁を待ちわびた鮎釣り師は軒並みコケの残る支流部へと流れていると言う情報もチラリホラリ・・



*解禁前夜*

嫁「父ちゃん明日鮎釣り行くの~?」

ワタス「本流はダメっぽいし・・人いっぱいの支流で・・・尻突き合わせて竿出すのもの~~

ま、プロは慌てて竿出したりせんよ(笑笑)」



チリリリリリリリリリイイイイイイイイイイ♪♪=

やかましい目覚まし時計で5時に起きる

茶を沸かしながら、おにぎりを握る握る

急がねば良い場所がああ 獲られるぞおおお

焦る自称名人(爆笑)


道具を一式車に積み込んで、いざ!と思った所で・・、ザアアアアア豪雨・・、

竿は出したいが雨は鬱陶しいの・・、

車の荷台に座り込みしばし葛藤


ザアアアアア==3 降りやまぬ雨・・、


ッフ プロは慌てぬわ

そそくさと家に入りこたつで、いつのまにやら寝るzzzz


アホ猫の柱をゴリゴリ掻く音で目が覚める


9時45分


なんと!いつのまにやら雨も上がり日が射してるじゃまいか!

「てめぇ~雨上がったんだったら はよ起こせよオラオラオラ」

っと、アホ猫の頭を撫でようとすると短足な足やら手で猫パンチを食らう


一気にやる気が出てまたも焦る自称名人(汗)


毎年の様の竿を出している那賀川上流域支流南川線へハンドルを握る


途中おとり鮎販売店に寄る

この販売店、回り回ってさらに回った位の親戚にあたる方で

2匹買うといつも1匹余分に入れてくれるありがたい店である

だがしかし・・・今回大将が漁連の役員を兼ねているらしく河川の見回りに出かけていて

アルバイトらしい若者が販売員で・・。ワタスと大将の間柄を回りくどく語っても

「そなんですか^^」っとニコニコするだけで1匹余分に入れてくれなかった・・(いつか浣腸してやる


曖昧な記憶を頼りにポイントを懐古しながら南川線を上って行く

途中 納竿したのかポイント移動なのか対向車と何台もすれ違う


ぬぬぬ・・竿を出す場所もない位の人がいっぱいなのか??

そ・れ・・と・・・も・・・・じぇんじぇん当たり無くてひきあげてるとか???

色々妄想しながら走る


川の状況は、やや濁りが入って増水気味コケの状態も今一っぽいかな・・、


川の状況を見てると監視員の方が見えたので状況を聞いてみると

やはり増水の影響で追いは今一らしい

上流部はコケの状況もまだ良いらしく天候も回復してるっぽいんで

水温が上昇してきたら良い感じなるかも?^^

と助言を頂く


上流部に近づくにつれ釣人も増えてくる感じ

中々竿を出せそうな所が見つからない

ガンガン瀬でなんとなく釣り難くそうではあるが淵→瀬→ガンガン瀬→どん淵の連なるポイントに決める


足跡は無い 誰も入っていない感じ


だがしかしワタスの腕で攻められるポイントは約10m程の瀬しかない・・、

仮に掛ったとしても下流に少しでも走られたらガンガン瀬でとても引き抜く自信が無いぞ・・、

最悪50m程下流の淵まで矯めて抜くか・・きっつううう


24.7.1ポイント


今年初、おとり鮎を流心へと送り込む

なんと!送り込む途中でいきなり掛る(^驚^

幸先良く野鮎をゲット

早速掛ったばかりの野鮎を送り込む

またまた!送り込む途中で掛るうう

こんな感じで5尾程を取り込む


楽しいいいいいいいいいいい 思わず誰もいない森林に叫ぶ


狙った石付近でもポツポツと掛る


日も照って来て丁度時間帯が良かったのだと思う

さすが自称名人 プロは慌てぬわ ハハハ 独り言が増える増える


だがしかし、さすが10m程のポイント10尾程掛けた辺りから全然掛らなくなる


得意ではないが、白泡立つ瀬に鉛1号を鼻先に打ち送り込む

瞬間根掛り・・、流れ速く針を外しに行く勇気がない 切る・・Orz


しばしポイントを休ませる

20分程休んでから鮎を送り込む

ポツリと1尾掛るが後が続かない


ポイントを休ませる→掛ける→休ませる→掛ける の繰り返しとなる


午後3時:雲行きが怪しくなり雨が降り始める

雨には滅法弱いんで納竿とする


根掛り1尾 引き抜き時身切れ2尾 ハナカンセット時に逃がす1尾 友缶挿入時に1尾

ブッ(笑 5尾も無駄に逃がしてる


24.7.1釣果


17㎝~20㎝ 20尾

解禁前の増水の影響か?やや痩せている感じ


天候が落ち着けばコケの状況も良くなり、支流部はもちろん

現在今一な本流筋も楽しくなると思われる




・当日の仕掛け・

竿9.0m 天糸1号4.5m 水中糸0.3号 掛け針7号3本イカリ




*釣れぬならポチッと押そうねホトトギス*



にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

































釣り綴り | 22:42:46 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。